肌を綺麗に焼く方法– 姫路ジム FAscinating Hero’s-

きれいな小麦肌を目指すのであれば、1日に一気に焼こうとするのは厳禁!

急激な日焼けは肌への負担が大きく、赤く炎症を起こしたり、皮が剥けたりする可能性が高くなります。肌の細胞組織になるべく負担をかけず、メラニン色素を無理なく定着させるためには、日焼け止めやサンオイルなどを使用し、火傷状態にならないよう、肌を守りながら焼くのが正解です。

肌へのダメージを考えるなら日焼けサロンがベスト!

日焼けサロンの機械は、炎症を起こすのを調整し、メラニン色素の着色を促進するため肌の奥まで十分に照射できるよう、バランスを取って作られています。また、肌質にあわせて紫外線の照射量と時間をコントロールできるため、日光に比べると安全に日焼けできます

当ジムではタンニング用のジェルを取り扱い

① まず、太陽の光と日焼けマシンの光は全く別のものです。市販のサンオイルは太陽の光で焼くために作られたもので

太陽の刺激の強い波長の紫外線から肌をガードするため日焼け止め成分が入っています。

② また日焼けマシンの故障にもつながる場合がありますので当店をご利用頂く場合サンオイルのご使用禁止 & 日焼けマシーン用ジェルを使用される場合は当店のマシン用ジェルのご使用をお願い致します。

当ジムのタンニングマシーンは、ジムで使用されてるタンニングマシーンではなく日焼けサロンから直接導入したマシーンになってるのでしっかりと焼けますよ‼

夏はこんがり焼いてモテ肌を手に入れましょう‼

関連記事

PAGE TOP